アメリカ留学まとめ

良心的な価格帯で通えるアメリカの大学をまとめてみた

どうもわいことわいです!

どうもわいことわいです。
わいのSNSでは海外留学について発信する事が多いです。
その中でも『学費が安く留学する』という点に焦点を当てています。

海外留学はお金持ちしかできないというイメージがありますが、奨学金や学費の減額制度をうまく利用することによって留学コストをグッと下げることも可能になります。

今回はアメリカの中でも学費が安い事で有名な大学をまとめたので、参考にしていただけたら嬉しいです。

Mississippi University For Women

Mississippi University For Womenというミシシッピ州にある大学です。名前からして女子校?と思われるかもしれませんが、男女共学ですので安心してください。一学期あたりの学費:$3,883.00. 全米の中でもトップクラスで学費が安い大学のひとつ。

この大学がお勧めできる理由としては、TuitionWaiver(学費減額制度)があるという点です。内容としては、12単位分の学費を支払う事で、19単位分までの学費が一律になります。留学中は学生ビザの関係上12単位以上取る必要があります。必然的に12単位以上取得する必要があるので留学生と相性がいいんですよね。

Bemidji State University

Bemidji State Universityはミネソタ州にある大学です。マーティンフリーマンが主演のアルゴという海外ドラマがあるんですけど、シーズン1の舞台がベミジだった気がしています(余談ですが)

一学期あたりの学費:$4,497

こちらも全米の中で安いと言われている大学の一つです。
この大学もMississippi University For Womenと同じで12単位以上の学費を納める事で減額が適応されます。

ミネソタ州が寒いという難点がありますが、それ以外は比較的に暮らしやすいです。



St. Cloud State University

St. Cloud State Universityはミネソタの大学です。Bemidji State University と同じミネソタ州にある大学の一つです。

一学期あたりの学費:$4,929

Bemidji State Universityとの違いを解説するのであれば、田舎と都会というイメージ持っていただければいいと思います。
St Cloud State Universityは比較的都会にアクセスしやすいというメリットがあります。
空港から近い方が帰国したりボスキャリに行く際の負担にならないです。

Delta State University

Delta State Universityはミシシッピ州にある大学の一つです。個人的に全米でも学費が安い大学が多いのは、ミネソタ州とミシシッピ州が多い印象があります。

一学期あたりの学費:$4,217.50

ミネソタ州とミシシッピ州は学費が安い大学が多い印象があるので、調べる時の参考にしてもらいたら良いかと思います。

PeruStateCollege

PeruStateCollegeはネブラスカ州にある大学の一つです。学費の安さだけでみれば、この大学は段違いだと思っています。

一学期あたりの学費:$2,760

学費も良心的な価格帯ですが、学費の減額制度も存在しています。

一定の成績を保っている事でPhi Theta Kappa というメンバーに入る事ができます。
このPeru大学では、メンバーに所属している事で2年間学費が無料になるという奨学金制度があるみたいです。

無料留学相談はこちらからどうぞ

今回紹介している大学が気になったのであれば、一度無料カウンセリングをお勧めします。留学エージェントの中で相談に乗ってくれそうな会社を探していたのですが、こちらが利用できそうなのでシェアしますね。留学情報館では提携外の留学支援をしているそうなので、よかったら利用してみてください。留学情報館の詳細はこちらからどうぞ↓

ボランティア活動で学費が安くなる大学まとめ

Minnesota State University Mankato

アメリカの大学の中には一定時間ボランティア活動をすることによって学費が安くなる大学が存在します。Minnesota State University Mankatoでは学期内で25時間のボランティア活動をする事で学費が減額される制度があるみたいです。

留学会社もMinnesota State University Mankatoをお勧めする事が多いです。

Southwestern Oklahoma State University

Southwestern Oklahoma State Universityもボランティア活動で減額が適応される大学です。学期内40時間のボランティア活動をする事によって学費が減額されます。

ボランティア活動をする事で、人との繋がりができるので、とてもいい制度だと思います。

Minot State University

Minot State University はノースダコタ州にある大学です。
こちらの大学は留学生にも州内向けの大学を提示しているみたいです。

一学期あたりの学費:$3797

今回紹介している大学には適応されている事が多いですが、
本来であれば留学生にとって州内向けの学費になる大学は珍しいです。

学費が安い大学を探す場合には、州外→州内に切り替わる制度がある大学を調べてみるものお勧めします。



安い大学は安かろう、悪かろうなのか?

学費が安いからといって、大学の質は悪いのか?という印象を持たれる方がいるかもしれません。わいもこの中に含まれている大学を卒業しましたが、教育の質が悪かったと思った事は一度もありませんでした。就職活動時も、名門大学と比べると就活のハードルは上がりますが、ちゃんと大手企業から内定を貰えているので安心していただければ嬉しいです。

わいの理想は、日本の私立大学くらいの学費で通える大学を卒業して、大手企業から内定を貰うというのが綺麗な留学の形だと思っています。これからも役立つ情報を発信していくので応援よろしくお願いします。まるまる

最後に今回紹介している大学が気になったのであれば、一度無料カウンセリングをお勧めします。留学情報館では提携外の留学支援をしているそうなので、よかったら利用してみてください。留学情報館の詳細はこちらからどうぞ↓